WordPressで作ったWebサイトをHTTPS化した時のまとめ

Q&A/対処メモ
Q&A/対処メモ

サイトアドレスをHTTPSに変更しよう

WordPressへログインし、設定→一般設定を開きます。

「WordPress アドレス (URL) 」、 「サイトアドレス (URL) 」にURLが記載されているので、http://~になっている場合はhttps://~に変更しましょう。

投稿ページや投稿した画像などのURLを全てHTTPSに変更しよう

投稿物が多い場合は面倒くさいですね。修正漏れが出る場合もあります。

そこで、ツールを使って一括置換しましょう。

私が使ったのは

  • Real-Time Find and Replace
  • Search Regex

というプラグインです。プラグイン→新規追加から上記プラグイン名で検索すれば出てきます。

Real-Time Find and Replaceの方はサイト全てのhttpをhttpsに書き換えてくれるのではなく、置換しているようです。テキストファイルを書き換えているのではなく、サイト外部に出力するときにhttpをhttpsに置き換えているだけです。なので、プラグインを削除したり停止すると、元のhttpに戻ります。

この点から、ソースを直接手を加えたくない人はこのプラグインをお勧めします。http以外にも、特定の文字を設定すればソースを触らずに別の文字に書き換えれます。使い方も検索したら出てくるのでググってみてください。

私の場合は、ソースをちゃんと書き換えたかったのでSearch Regexを使いました。

このプラグインはソースを書き換えます。なので置換するときは注意を払って行ってください。

ただし、このプラグインは更新が停止しているので、現在のWordPressに対応しているかは不明です。自己責任でお願いします。私が使った場合は、一部書き換えれなかったです。

HTTPSに書き換えたつもりですが、!マークがURLの横に出たままです

私はプラグインを使った後も、!マークが残ったままで、「~保護されていません」という状態が解消されませんでした。つまりHTTPS化できていませんでした。

何が原因で、どうやって解消したかというと、

まず、ヘッダーのロゴ画像、プロフィール画像のURLがHTTPのままでした。これはユーザーメニューやカスタマイズメニューで直接URLを指定していたので、変わっていませんでした。また、OGPの画像URLやプロフィールのURLも指定していたので変わっていませんでした。

本当はSearch Regexで置換できなければおかしいのですが・・・おそらく古くて最近のWordPressには対応していない部分なのでしょう。

これらを見つけるには、Webサイト上で右クリックし、「ページのソースを表示」を選択してソードコードを表示します。Ctrl+Fで検索ボックスを出し、「http:」で検索しました。すると上記のような箇所が引っかかったので、変わっていない箇所が判明しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました