知っておくべきモノづくりの基本的な流れについて【自分のコンテンツ作り】

エンジニア
エンジニア

こんにちは、タイシです。

この記事では、システムエンジニアが「ITシステムを作る考え方」をベースに、「モノ(コンテンツ)をどうやって作るか」の基本的な流れについて発信していきます。

コンテンツを作る方法は大きく3つ

  • 世の中に無いので、「ゼロから新しく作っていく」
  • ”既にあるもの”と”既にあるもの”を「組み合わせて作る」
  • 古くなったものを「新しく作り変える」

基本的には大きく分けて3つの方法があると思います。

皆さんそれぞれの方法だとしても、次に説明する、モノを作っていく基本的な流れというのは、どの方法も共通しています。

コンテンツを作る全体の流れ

コンテンツ含めたモノづくりには基本的な流れがあります。

  1. 要件定義(作りたいモノの確認)
  2. 設計(どうやって作っていくか計画立てる)
  3. 作る作業(プログラミングとか)
  4. テスト(作ったモノの確認)
  5. 納品(顧客に提出やWEBに公開など)

この流れが、ほぼすべての開発手法のベースになっています。

この流れに沿って開発全体を行っていくのか、流れを何回も繰り返すのか、プロトタイプと本番に分けるのか、などで各開発手法に派生していきます。

この各開発手法のことをプロセスモデルと言います。

コンテンツを作る流れの各工程についてもっと詳しく→準備中

代表的なプロセスモデル

  • ウォーターフォールモデル
  • アジャイル開発
  • スパイラルモデル
  • プロトタイプモデル
  • 成長型モデル

などがあります。

今やアジャイル開発が主流になってきていますが、企業で開発する場合はウォーターフォールモデルも多いので、アジャイル開発ウォーターフォールモデルの2つは知っておくべきかと思います。

コンテンツを作るときの成功のカギ「WBS」

WBS(Work BreakDown Structure)は、やるべき作業を階層化し、作業区分ごとに構造化したものです。

曖昧な作業項目から具体的に作業できるタスクにまで落としていきます。

WBSはエンジニアがシステムを作る時だけでなく、どんな分野にも効果があると思うので、是非作っていただきたいです。

  • やるべきことが全て一目で分かります。漏れが無くなるので、あとで「これやるの忘れていた!」ということが無くなります。
  • 計画が超立てやすいです。具体的なタスクまで落ちるので、作業の量や順番が一目で分かります。 やるべきことが全て一目で分かります。漏れが無くなるので、あとで「これやるの忘れていた!」ということが無くなります。
  • 役割分担工数の見積もりがやりやすいです。作業範囲が明確になるので、チームで分担した作業範囲の認識のズレを防止できます。曖昧な作業を分解して、より作業が明確になったので工数見積もりの正確性が上がります。

WBSについて、作り方をもっと詳しく→準備中


こういったモノづくりの流れやWBSはエンジニアのお仕事でも普通に使うので、これからエンジニアになりたい方は知っておくべきです。

また、どんな分野でもこの考え方は使えるので、覚えておいて損はないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました